So-net無料ブログ作成
検索選択

<裁判>柳ケ浦高バス事故 遺族が損賠提訴へ(毎日新聞)

 大分県日出町の大分自動車道で私立柳ケ浦高(同県宇佐市)野球部の大型バスが横転した事故で、亡くなった2年生部員の吉川将聖さん(当時16歳)の母親が、同高を運営する吉用(よしもち)学園とバスを運転していた元野球部副部長で元同高教諭(26)=自動車運転過失致死傷罪で公判中=を相手取り、1億数千万円の損害賠償請求訴訟を月内にも大阪地裁に起こすことが分かった。

 事故では、吉川さんを含め部員38人が死傷。起訴状などによると、元教諭は昨年7月11日朝、同自動車道日出ジャンクション付近で大型バスを運転中、法定速度40キロのカーブを80〜90キロで走行、バスを横転させたなどとしている。元教諭は起訴内容を認めている。バスは同高の所有で、事故当時、全国高校野球選手権大分大会開会式に向かう途中だった。

 母親の代理人弁護士は、「法定速度の倍以上で危険な運転をしていた元教諭の責任は当然だが、学園にも管理責任がある」と話している。

 同学園は「訴状が来てないのでコメントできない」としている。

 また、母親は23日、運転席以外バスのシートベルトが不備だったとして、車検を代行した宇佐市内の整備会社の検査員を道路運送車両法違反容疑で大分県警に告発した。

 告発状によると、08年12月、シートベルト不備で保安基準に不適合だったにもかかわらず、検査員は適合証を交付したとされる。吉川さんは事故で車外に投げ出された。母親は「ベルトがあれば死ななかった」としている。この事故で、検査員は九州運輸局から2年間の検査業務停止の行政処分を受けた。この整備会社と検査員についても損害賠償請求訴訟を検討している。【深津誠】

恒久減税案を否決=市議報酬半減案も−名古屋市議会(時事通信)
働く女性の7割、メタボ自覚=判断基準は「おなかの肉」−民間調査(時事通信)
渋谷に新名所、24年春開業 高さ182メートル「ヒカリエ」(産経新聞)
蘇ったキトラの壁画石室 複製陶板で凹凸や土質まで(産経新聞)
「若い女性に興味あった」女子中学生2人にわいせつ 少年指導員の男逮捕(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。