So-net無料ブログ作成

今後の医師養成、秋以降に検討−必要数調査踏まえ(医療介護CBニュース)

 厚生労働省医政局の新村和哉指導課長は6月5日、全日本病院協会の定期代議員会・総会後の特別講演で、今後の大学での医師養成数について、同省が実施している勤務医の必要数の調査結果を踏まえ、文部科学省と連携して秋以降に検討する考えを示した。

 大学での医師の養成をめぐっては、政府が2008年、定員数を抑制する従来の方針を転換。医学部の入学定員を昨年に693人、今年は360人増員したが、今後の養成については、「さらに増員すべきだ」といった推進論と、「大学側の環境整備が追い付かない」などの慎重論がある。
 新村氏は講演で「調査の結果を踏まえて、日本全体の医師数はどの程度不足していて、今後はどのぐらいのスパンでどのくらい増やす必要があるのかを秋以降、検討する必要がある」と説明した。

 必要医師数調査は、都道府県を通じて実施。病院のほか、分娩を扱う診療所などを対象に、地域内で施設に求められる役割を維持するには、医師があと何人必要かなどを質問する。
 新村氏は、都道府県に調査実施を既に依頼したことを明らかにした上で、「できれば夏の間に(結果の)概要を公表する」と述べた。


【関連記事】
初の医師不足実態調査の内容が判明―厚労省
医師確保対策などで要望書−全自病など
臨床研修医が増加、「基金」奏功か―鹿児島県医師会
医師・看護師とも「充足」の病院は87.5%―厚労省調べ
矯正施設12か所で常勤医師ゼロ―法務省調査

和解協議入り決定=4次訴訟原告団―新潟水俣病(時事通信)
<変死>左胸に包丁刺さった男性 大阪のマンション(毎日新聞)
鳩山首相「正確に言うとまだ総理で…」(産経新聞)
「とうとう来た…」都城で口蹄疫、衝撃と落胆(読売新聞)
客に偽装結婚させ融資申請、4000万円詐欺(読売新聞)

<桜>若木35本、根元付近で切断 河川敷に放置 山口(毎日新聞)

 24日正午ごろ、山口県美祢市於福町下の厚狭川沿いに植えられた桜の若木35本が、根元から約1メートルの高さで切断されているのを住民が見つけた。切られた部分は約2メートル下の河川敷に放置されていた。県警美祢署は器物損壊容疑で調べている。

【こちらはチューリップ】また被害 大阪・鶴見緑地で900本 2010年3月

 同署などによると、桜はソメイヨシノ(太さ5センチ、高さ約4メートル)。川沿いに約150メートルにわたり植えられていた。目撃証言などから23日午後4時から24日正午の間に、のこぎりのようなもので切られたらしい。

 地域住民らが3年前、高さ約2.5メートルの苗木を植え、草刈りなどの管理をしていた。植樹に参加したという近くの男性(78)は「来春は花見ができるねと、みんなで話していたが……」と落胆していた。【諫山耕】

【関連ニュース】
【器物損壊】こち亀:曲げられた「麗子像」まっすぐに 誰の仕業?
【器物損壊】こち亀「両さん」像を修復…東京・亀有
【器物損壊】鳩山一郎元首相墓に黄色塗料 谷中霊園
【器物損壊】ヤギ:左右の角2本折られる 千葉の動物飼育場
【器物損壊】全国初の110番通報装置付き自販機壊される 2008年10月

普天間移設 28日に3党首会談 日米声明に先立ち(毎日新聞)
「大阪維新の会」参加期限は6月中下旬(読売新聞)
同時改定の焦点は「地域完結の24時間支援システム」―民主・山崎議員(医療介護CBニュース)
郵政法案めぐり対立激化=28日に採決の構え―与党(時事通信)
<囲碁>本因坊戦第2局始まる 右上で新型出現(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。